スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お待ちかねの…?

うぃーっす!帰ってきたぞーッ!

どうも!9月末に就活を終え、ムジカサクラに完全復帰したJackが来ましたよ!
まぁそう言いながら就活中も練習には頻繁に顔出してたんだけどね…。

何でも今まで何人かブログ更新してきて今回は私が書く番と聞いたので、面倒くさくならないうちに更新しに来たというワケですよ。

とにかく!これを読んでくれている方々は私がブログに来てくれることを心待ちにしていたことでしょうね~(^_^)
え?誰もお前なんか待ってない?
…はは~ん。さては君「ツンデレ」ってヤツだな?おねーさんわかってるんだぞォ♪


…気持ち悪い冗談はこの辺にしておきましょうかね。
つーか久々の浮上で、ブログ上でどう振る舞ってたのか思い出せないんだ…お許しください…(汗)


まずはVERA祭のムジカサクラ合唱団の発表にお越しくださった方々、ご来場誠にありがとうございました。

我々は「どうせそんなに人来ないだろう」と思っていましたが、まさかあんなに会場に集まっていただけて驚くと同時に多くの方々に演奏を聴いていただけて嬉しく思いました。
私にとっては昨年の定演以来約9ヶ月ぶりの舞台だったのですが、感覚を取り戻すと同時に改めて人前で歌う楽しさを感じることができました。本当にありがとうございました。

それからメンバーのご家族が差し入れに洋菓子を持ってきてくださったのですが、それに関してもこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。
どうもありがとうございました。舞台に立ったメンバーで美味しく頂きました。


ちょっと真面目過ぎかな…いや、これはご挨拶だし…。
ここからは11月12日の練習について書きます。

今回はMille RegretsとDissi a l'amata mia lucida stellaを中心に練習しました。

私は5限があったので途中参加でしたが…うーん、スランプなのか元々ヘタだったのか…。

何か正確な音程が出しにくいんだよ。低くなり過ぎちゃう傾向があって…皆さんには迷惑かけっぱなしだ(T_T)
あ、でもね…私はアルトなのですがDissiの最後辺りで1オクターブ一気に下がる部分があるんですよ。そこが凄い苦手なんだけどちょっとひと工夫をしたら大分マシになった!

それから楽譜にかじりつかずにメンバーの顔を見るって話もしたね。
今までの歌っているときの写真や映像を見ると、私は楽譜見過ぎって毎回思うんだよ。
それは見た目的にも技術的にもよくないとは思うんだけどね…。
できるだけ意識して少しずつ慣れていこうっと。

それから最後にNever Weather-beaten SaileとCome again! Sweet love doth now inviteも少しやりました。個人的にはCome againが一番好きかな(笑)


…こんな感じでよかった?

しかし寒くなりましたねー。皆さん風邪とかひいてませんか?

風邪といえば私は昨年のVERA祭で風邪をひいて喉がピンチだったにも関わらず頑張ってしまい、翌日ダウンしちゃったんだよね(汗)
声が酷いことになって当然翌日の練習は欠席、それどころが病院にも行く羽目になりましたからね。お医者さん曰く喉真っ赤だったと…。
で、そのときにもらった薬で声は回復したものの咳がなかなか抜けず、駒場祭当日もゲホゲホしてたっていうね…。本番は咳が出なかったのが救い。
3週間くらい咳してたと思うけど何だったんだろ…。

今年のVERA祭ではT原氏が風邪ひいてたけど、翌日大丈夫だったのだろうか…。


じゃ、若干長くなりましたが本日はここまでです!読んでくれてありがとうございました!

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MUSICA SACRA

Author:MUSICA SACRA
MUSICA SACRA。
正式名称は
中世・ルネサンス無伴奏混声合唱団ムジカサクラ
メンバーは主に東京女子大学・東京大学の学生です。
twitter

基本的にルネサンス期の曲を中心に扱います。
現在、新入生を除き男声4人(4年3人、2年1人)女声4人(4年1人、3年2人、2人1人)。
随時 団員募集中!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Twitter ブログパーツ

バトルブログパーツ:バナナはおやつ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。